読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

道後にて②

楽しい古事記

~これまでのお話~

 

オオクニヌシスクナヒコナは兄弟となり、国造りをスタートしました。全国に農業や土木、医学などをどんどん広めていきました。そんなある日、道後で温泉を掘っていた際、スクナヒコナは岩の下敷きになり死んでしまいました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

ペチャリ・・・

 

スクナヒコナは転がってきた岩の下敷きになってしまいました。

 

急いで駆け寄ったオオクニヌシは、ヒョイと岩を持ち上げました。岩の下には無残にもペラペラになったスクナヒコナの哀れな姿がありました。

 

「ああ、ス、スクナヒコナ・・・なんてことだ。」

 

スクナヒコナの遺体を大切に保管すると、オオクニヌシは言いました。

 

スクナヒコナ!!私はお前の分も頑張るぞ!!」

 

「温泉の完成を待ち望んでいる人がいる。悲しんでばかりはいられない!!やらなくては!!」

 

その後、オオクニヌシは一心不乱に働きました。岩を動かし、土を掘り、温泉を引き・・・

 

そして、ついに道後温泉が完成しました。

 

f:id:kojikista88:20170118052444p:plain

 

 

よう

広告を非表示にする