~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

ムスヒの神様

古事記では物語の冒頭である"天地創造"の段階で次々と宇宙の神様(この世の成り立ちを支えるエネルギー)が誕生します。

 

この世の中心を成す

①アメノミナカヌシ

に続き

②カミムスヒ

③タカミムスヒ

という"ムスヒ"の神様が誕生します。

 

ムスヒとは"結び"のことで、あらゆるものを生み出す力のことです。

 

例えば

"種×土×水"を結ぶと芽がでます。

"食材×火×水"を結ぶと料理ができます。

"石×木の棒"を結ぶと石斧になります。

これがムスヒの力です。

 

こうしてみると、世の中はムスヒだらけということに気づきますね。

 

よう

 

広告を非表示にする