~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

オオクニヌシのお願い

おはようございます。

暑い毎日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか?

今日から少しずつ、ブログを書いていきたいと思います。

といっても、週一くらいのゆるゆるペースになりそうですが・・・

どうぞ気長にお付き合いくださいませ。

 

 

~これまでのお話~

 高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。国を賭け高天原タケミカヅチオオクニヌシの息子タケミナカタは勝負しました。力は互角でしたが、術で上回るタケミカヅチの前に屈したタケミナカタは首を刎ねるよういいました。しかし、タケミカヅチタケミナカタを同志と呼び、共に素晴らしい国を造ろうと語り掛けました。心打たれたタケミナカタは、諏訪に残りこの土地を日本一にしてみせると約束しました。タケミカヅチタケミナカタに別れを告げ出雲へ戻りました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

タケミナカタに別れを告げたタケミカヅチは、トリフネの背中に乗り出雲まで戻りました。

 

そしてオオクニヌシに伝えました。

 

オオクニヌシ殿。タケミナカタ殿は『国譲り』に同意された。

 

 彼は諏訪の地に留まり、諏訪の発展に力を注ぐと申された。

 

 タケミナカタ殿…素晴らしい男神だ。

 

 オレはけっして彼のことを忘れることはないだろう。」

 

オオクニヌシは答えました。

 

「ふふふ。タケミナカタは強情なところはありますが、純粋な心を持っているのです。

 

 タケミナカタが諏訪の神に…。きっと立派に国をまとめることでしょう。」

 

オオクニヌシは続けました。

 

「これで『国譲り』に反対するものはいなくなりましたな。

 

 タケミカヅチ殿、一つお願いがあるのですが。」

 

タケミカヅチはたずねました。

 

「ん?何でしょうか?」

 

オオクニヌシは続けました。

 

「この国の統治は快くアマテラス様の御子息にお譲りいたします。

 

 ただ、私の住まいとして高天原に届くほど立派な宮殿を建てていただけないでしょう

 

 か?」

 

f:id:kojikista88:20170731054822p:plain

 

 

よう