~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

ヒキコモった女神

イザナギに追放を言い渡され、姉・アマテラスに挨拶に来たスサノオ

 

ところが、アマテラスはスサノオ高天原(たかまのはら・アマテラスの統治する国)を乗っ取りに来たと勘違いしてしまいます。

 

その後、身の潔白を証明した(と思い込んでいる)スサノオは、あまりの嬉しさにハメを外して大喜び。

 

田畑を壊したり、台所にウ⚫︎チを撒き散らしたり…と、大暴れ。

 

そして、馬の皮を剥いで機織り小屋(はたおごや)に放り込んだ時に…中にいた機織り女(はたおりめ・機織りする女性です)が死んでしまいます。。。

 

どれだけ暴れても弟をかばい続けたアマテラスですが、"機織り女の死"はショックが大きすぎ、ついに"天の岩戸(あめのいわと・天にある岩穴)"に引きこもってしまいました。

 

寛容なアマテラスも"殺し"だけは許すことができなかったんですね。

 

日本初のヒキコモリ…それは太陽の女神・アマテラスだったのです。

 

よう