~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

タケミカヅチ、フツヌシと再会する

~これまでのお話~

 

国譲りの使命を終え、高天原に戻ったタケミカヅチ。そこには二人の男神が待っていました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

少し四角い顔をした男神は言いました。

 

「アニキ、久しぶり!!」

 

頭に葉っぱを付けた男神は言いました。

 

タケミカヅチさん、お帰りなさい。お仕事お疲れ様でした」

 

タケミカヅチは答えました。

 

「おお、経津主神(フツヌシ)。久しぶり。元気だった?

 

 建葉槌命(タケハヅチ)、ずいぶん立派になったなぁ」

 

 タケミカヅチのことを「アニキ」と呼んだフツヌシは、現在の香取神宮の御祭神です。

 

タケミカヅチとフツヌシはとても近しい存在なのですが、当ブログでは義兄弟として物語を進めます。

 

アマテラスはこの再会を喜ぶ3人のことをニコニコと眺めていました。

 

f:id:kojikista88:20170815201405p:plain

それに気づいたタケミカヅチは言いました。

 

「アマテラス様。国譲りが無事に完了しました。

 

 オオクニヌシ殿の同意を得ましたし、オオクニヌシ殿の180人の子供はコトシロヌシ殿がうまくまとめてくれます」

 

アマテラスは嬉しそうに答えました。

 

「うふふふ、本当にありがとうタケミカヅチ

 

 では、早速オシホミミ(アマテラスの息子)に天下る準備をさせましょう」

 

 

 

よう