~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

タケミカヅチ、高天原に戻る

~これまでのお話~

 

無事に「国譲り」を終え、オオクニヌシは新しい新居である出雲大社の奥へと鎮まりました。出雲大社の祭祀はアメノホヒが任されることになりました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

オオクニヌシに別れを告げたタケミカヅチは、アメノホヒに言いました。

 

「ホヒ殿。オレは一度高天原に戻り、アマテラス様に国譲りが完了した旨をお伝えしてくる」

 

ホヒは答えました。

 

「わかりました」

 

タケミカヅチは、トリフネに言いました。

 

「さぁ、トリフネ。高天原に戻ろう。今回もよろしく頼むよ」

 

トリフネは答えました。

 

「アイアイサ―」

 

トリフネは超スピードで高天原に戻りました。

 

「ありがとう、トリフネ。さぁアマテラス様に報告しに行こう」

 

タケミカヅチは休む間もなくアマテラスの元へ向かいました。

 

アマテラスはタケミカヅチの姿に気づき言いました。

 

「あら!!タケミカヅチ!!

 

戻ったのね。本当にお疲れ様でした」

 

アマテラスの隣には、二人の男神の姿がありました。

f:id:kojikista88:20170808054347p:plain

 

「あっ!!お前たちは・・・・」

 

タケミカヅチは少し驚いた様子でした。

 

 

よう