~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

天翔ける神アメノトリフネ

~これまでのお話~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に繰り返し使者を送りましたが、なかなかうまくいきません。そこで次の使者として武神タケミカヅチが選ばれました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

次の使者に選ばれたタケミカヅチは、アマテラスの元を訪れていました。

 

アマテラスはタケミカヅチに言いました。

タケミカヅチ、よく来てくれました。出雲のオオクニヌシの元へ行き「国譲り」をおこなうよう伝えて欲しいのです」

 

タケミカヅチは自信たっぷりに答えました。

「アマテラス様、お任せください!!」

 

「ふふふ、頼もしいですね。天鳥船神(アメノトリフネノカミ)、こっちへいらっしゃい。」

アマテラスがそういうと、何者かが部屋に入ってきました。

f:id:kojikista88:20170502085443p:plain

 

「こんにちは、タケミカヅチ。僕はアメノトリフネです。僕が中つ国までお連れしましょう!!」

アマテラスに呼ばれたアメノトリフネは、タケミカヅチに挨拶をしました。

 

アマテラスは言いました。

「アメノトリフネは天空を翔けることのできる神様よ。アメノトリフネに乗って中つ国にくだるとよいでしょう」

 

タケミカヅチは言いました。

「アマテラス様、ありがとうござします。アメノトリフネ、よろしく頼むよ!!」

 

 

よう