読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

アメノカグ、任務完了

 

~これまでのお話~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に繰り返し使者を送りましたが、なかなかうまくいきません。そこで次に剣の神様イツノオハバリを送ることにしました。イツノオハバリは息子のタケミカヅチが適任だと答え、次の使者はタケミカヅチに決まりました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

イツノオハバリは息子のタケミカヅチに言いました。

タケミカヅチよ、お前はとてつもなく強い力を持っている。しかし、本物の強さとはその力を発揮することではない。争いをおこなわない、争いを起こさせないのが本当の強さだ。お前の剣はそのために使うんだぞ」

 

タケミカヅチは答えました。

「うん、わかってるよ父ちゃん」

 

それを聞いたイツノオハバリは、

「よし、ではアマテラス様の元へ向かうのだ」

 と言い、タケミカヅチを送り出しました。

f:id:kojikista88:20170501051114p:plain

その頃、、、

 

一足先にアマテラスの元に戻ったアメノカグは、アマテラスに報告をおこなっていました。

 

「カクカクシカジカということで、タケミカヅチ様が使者になってくれることになりました」

 

アマテラスは答えました。

「アメノカグ、お疲れさまでした。そうですか、イツノオハバリの息子のタケミカヅチが。ではタケミカヅチの到着を待ちましょう。」

 

こうしてアメノカグは無事に任務を終えました。

 

 

よう