~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

トリフネ、急ブレーキをかける

~これまでのお話~

 

国譲りの使命を終えたタケミカヅチ高天原に戻り、フツヌシとタケハヅチに再会しました。タケミカヅチはアマテラスに、オシホミミを中つ国に迎え入れる前に、国譲りに従わぬ神を説得した方が良いと進言しました。そこで、タケミカヅチ、フツヌシ、タケハヅチは中つ国に向かうことになりました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

タケミカヅチは言いました。

 

「トリフネ。何度も悪いな。

 

 また中つ国まで連れて行っておくれよ」

 

トリフネは元気に答えました。

 

「アイアイサ―!!」

 

フツヌシが言いました。

 

「今回はオレも乗せてもらうぞ!!」

 

タケハヅチは言いました。

 

「僕もお願いします」

 

トリフネは言いました。

 

「ア、アイアイサ―・・・(;´・ω・)」

 

タケミカヅチは言いました。

 

「フフ、定員オーバーかな?」

 

トリフネは3人を乗せるとフワリと浮き上がりました。

 

タケミカヅチは言いました。

 

「ではアマテラス様。行ってまいります!!」

 

アマテラスは言いました。

 

「3人とも、あ、トリフネも入れて4人ね。

 

 よろしくお願いしますよ」

 

トリフネはビューンと中つ国に向かいました。

f:id:kojikista88:20170818070050p:plain

 

このまま一気に・・・と思ったら、

キキキーッ!!

 

トリフネは急ブレーキをかけました。

 

トリフネの背中に乗っている3人は転がり、危うく落っこちそうになりました。

 

タケミカヅチは言いました。

 

「どうしたんだ、トリフネ?

 

 危ないじゃないか!!」

 

トリフネは言いました。

 

「ミカちゃん、あそこになんかいるよ」

 

3人は「なんか」を見ようとトリフネの背中から身を乗り出しました。

 

 

よう

 

 

古事記連続講義のお知らせ★

 

10月から『熊谷カルチャーセンター様』で古事記の連続講義をおこなうことになりました。

ブログではお伝えしきれない「古事記の奥深さ」をたっぷりお話させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

古事記スクール・スケジュール】

★無料説明会★9月22日(金)10:30~12:00

第1回:10月27(金)10:30~12:00

第2回:11月24(金)10:30~12:00

第3回:12月22日(金)10:30~12:00

第4回:1月26日(金)10:30~12:00

第5回:2月23日(金)10:30~12:00

 

お申込み・お問い合わせはコチラからお願いします

古事記スクール - 熊谷カルチャーセンター|イオン熊谷店 、上熊谷駅周辺で趣味・習い事をお探しなら