~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

お米の神様

イザナギが神産みを終え、アマテラスに高天原の統治を任せる際に首飾りを渡すのですが…

 

この首飾りを「御頸球(ミクビタマ)」と言い、別名『御倉板拳之神(ミクラタナノカミ)』と言います。

 

「ミクラタナノカミってなんですか?」と言うと、「御倉に安置する(稲の)種の神」と言うことです。

 

ところで、伊勢の神宮の御正殿がどんな形かご存知ですか?

 

御正殿は「稲の種を納める倉の形」をしています。

 

私たち日本人は、お米が単に食べ物として大切なだけでなく、命そのものであることを感じ大切にしてきたのだと思うわけです。

 

よう

 

広告を非表示にする