~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

塩土の翁、現る

~これまでのお話~

 

ウミサチの釣り針を無くしたヤマサチは、大切な剣を砕き1500本もの釣り針を作り謝罪しましたが、ウミサチは許してくれませんでした

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

途方に暮れたヤマサチは、あてもなくさまよっていました。

 

やがて海岸にやってきたヤマサチはうつろな目で海を眺めました。

 

「海の中まで・・・

 

 釣り針を探しに・・・」

 

ヤマサチは海の広さを目の前にし、絶望的な気分になりました

 

「無理だ・・・

 

 この広い海の中から釣り針を探すなんて・・・」

 

続けてヤマサチは深いため息をつきました

 

 

「はぁ~」

 

すると背後から声がしました。

 

「そこのお若い方…

 

 どうかなさいましたか?」

 

ヤマサチが振り返ると、そこにはとても背の高い一人の男が立っていました

f:id:kojikista88:20180717055805p:plain

「あなたは???」

 

ヤマサチがたずねると、男は答えました

 

「ワシはサル・・・

 

 いや、塩土の翁(しおつちのおきな)と申します」

 

塩土の翁と名乗った男は続けました

 

「うぬ?

 

 あなた様は日の御子ですな?

 

 ニニギ様はお元気ですか?」

 

ヤマサチは不思議そうに尋ねました

 

「父上をご存知なのですか?」

 

塩土の翁は答えました

 

「もちろん、もちろんですとも

 

 よーく知ってますよ

 

 ふふふふふ

 

 あのニニギ様に御子が・・・・」

 

塩土の翁は嬉しそうに笑いました

 

 

よう

 

第二弾!!

イラストでわかる古事記スクール@新宿

 

f:id:kojikista88:20180719060615j:plain

前回満席となった講座の第二弾です。

68コマのイラストだらけのテキストを使いたった90分で【日本人のトリセツ】古事記をあなたにインストール!!

多くの人がつまづく天地創造も1分でクリア!!

 

目からウロコの連続!!ジェットコースターのような90分!!

 

「日本人に生まれて良かった――――ッ!!」

 

って、心の底から思えるようになりますよ(^▽^)/

 

日時:平成30年10月21日(日)14:00~18:00

(※90分と書いてありますがたっぷり時間をとった拡大版をお届けします)

(※前回よりさらに1時間延長のパワーアップ版です)

 

場所:新宿のカフェ会議室(詳細は参加者に個別にお知らせします)

 

定員:10名

 

料金:5,000円(1ドリング、テキスト費込)

※今回より1ドリンク込みの料金になりました

※お子様連れの場合、中学生までは3,000円

 

お申込み・お問い合わせ

umi.hitsuji88★gmail.com

★を@に変えてメールしてください

 

 

主催:安西光

アドラー流男女をつなぐカウンセラー安西光のブログ【ひかりあまねし】

 

講師:馬場 洋

 

 

1~7話まで放映中!!

古事記スクールチャンネル

平成30年6月17日におこなわれた「京都古事記スクール」の一部がYouTubeにアップされました(*ノωノ)

是非ご覧くださ~い(o^―^o)ニコ


第一話 古事記との出会い

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

f:id:kojikista88:20180712055034p:plain

がんばろうぜ!日本!!

 

馬場 洋

ヤマサチの土下座

~これまでのお話~

 

兄ウミサチの釣り針を無くてしまったヤマサチ。ウミサチは激怒し「釣り針を返すまで絶対に許さない」と言いました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

困り果てたヤマサチは、家に帰り大切な剣を見つめていました。

 

しばらくすると・・・

 

「よし!」

 

と何かを決意したように言いました。

 

ガッチーン!!

 

バッキーン!!

 

トントン!!

 

カンカン!!

 

「よし!出来たぞ」

 

ヤマサチは大切にしていた剣をへし折ると、それを材料に500本の釣り針を作りました。

 

ヤマサチは完成した釣り針を携え、ウミサチの家を訪れました。

 

「お兄様、ヤマサチヒコでございます」

 

ガラリッ

 

勢いよく扉が開きました。

 

「おお、ヤマサチか

 

 オレの釣り針を見つけてきたんだろうな???」

 

ヤマサチはビクビクしながら言いました

f:id:kojikista88:20180716090633p:plain

「お、お兄様

 

 こ、これを…

 

 私の大切な剣を砕き500本の…」

 

するとウミサチはヤマサチの言葉を遮るように言いました。

 

「こんなもんいらんわーっ!!

 

 さっさとオレの釣り針を持ってこい!!!」

 

バタン!!

 

「う、うぐぅ・・・」

 

ヤマサチはあっけなく門前払いをくらってしまいました。しかし、海の中まで釣り針を探しに行くことはできません。

 

その後、ヤマサチは1000本の釣り針を作り、ウミサチの元を訪れますが・・・

 

「しつこいんじゃー!!!

 

 こんなヘッポコ釣り針は1本もいらねーんだよ!!

 

 オレの釣り針を持ってこい!!

 

 あの霊力のある釣り針を持ってこい!!

 

 このアホサチがぁ~!!!!」

 

バタン!!

 

ヤマサチは呆然とその場に立ち尽くしました。

 

 

よう

 

新番組スタート???

1~7話まで放映中!!

古事記スクールチャンネル

平成30年6月17日におこなわれた「京都古事記スクール」の一部がYouTubeにアップされました(*ノωノ)

是非ご覧くださ~い(o^―^o)ニコ


第一話 古事記との出会い

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

f:id:kojikista88:20180712055034p:plain

がんばろうぜ!日本!!

 

馬場 洋

見えない釣り針?

~これまでのお話~

 

兄・ウミサチが大切にしていた釣り針を無くしてしまったヤマサチ。何とかごまかそうとしましたが、ウミサチに気づかれてしまいました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

ヤマサチが背中の後ろに隠した釣り竿の穂先から糸がヒラヒラと揺らいでいました。

 

糸の先端には釣り針が付いていません。

 

「おおおおお!!

 

 お前ッ!!

 

 釣り針はどうした!!!!???」

 

ウミサチは大声でヤマサチに詰め寄りました。

 

ヤマサチは言いました。

 

「さ、さすがお兄様♡

 

 この釣り針は

 

 超絶ウルトラミラクルイケメンには

 

 見えない特別な釣り針なんですよ~」

 

ウミサチは頬を赤らめて言いました。

 

「え、そうなの???」(ぽっ)

 

f:id:kojikista88:20180709210900p:plain

ヤマサチはシメタと思いました。

 

「そうですよ、そうですよ~

 

 さすがお兄様

 

 愚か者の僕には・・・

 

 はっきり釣り針が見えますよ~

 

 く~、残念!!」

「ってなるかーーーーい~!!!!

 

 釣り針をどうした?

 

 釣り針はどうした?

 

 答えろ!!ヤマサチ!!」

 

f:id:kojikista88:20180709205834p:plain

怒り狂う兄を前にヤマサチはビビりまくりました

 

「ご、ごめんよ、兄ちゃん

 

 大きな魚がかかって

 

 力一杯釣り上げようとしたら

 

 釣り糸が切れちゃったんだよ~

 

 うわーん」

 

激怒する兄を前にしたヤマサチは泣き出してしまいました

 

しかし、ウミサチの怒りは収まりません

 

「ふん!!

 

 泣いたってダメだ!!!!

 

 だからオレは道具を貸したくなかったんだ!!

 

 一晩だけ待ってやる!!

 

 釣り針を返すまで絶対に・・・

 

 許さないからなっ!!!!」

 

そう言うとウミサチはヤマサチを残し家に帰りました

「ど、どうしよう・・・」

 

一人その場に残ったヤマサチは途方に暮れるのでした

 

 

 

よう

 

 

新番組スタート???

1~7話まで放映中!!

古事記スクールチャンネル

平成30年6月17日におこなわれた「京都古事記スクール」の一部がYouTubeにアップされました(*ノωノ)

是非ご覧くださ~い(o^―^o)ニコ


第一話 古事記との出会い

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

f:id:kojikista88:20180712055034p:plain

がんばろうぜ!日本!!

 

馬場 洋

続・ヤマサチのピンチ

~これまでのお話~

兄・ウミサチヒコに釣り道具を借りたヤマサチヒコでしたが、釣り針を無くしてしまいました。そこへ、ウミサチヒコがやってきました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

狩りを終え、下山したウミサチヒコがヤマサチヒコのもとへ近づいてきました。

f:id:kojikista88:20180709054504p:plain

ヤマサチは釣り竿を背中に隠すとウミサチにギクシャクと語りかけました。

 

「ああ、お兄ちゃん・・・

 

 ずいぶん早かったんだね?

 

 もう狩りは終わりにしたの?」

 

ウミサチは答えました。

 

「ああ、山での狩りはどうもオレには向いていないようだ

 

 やっぱり釣りが一番だよ

 

 ヤマサチのほうはどうだい?

 

 魚は釣れたかい?」

 

ヤマサチは答えました

 

「そ、そ、それがさぁ・・・

 

 まったく釣れないんだよね~

 

 もう少しで釣れそうな気もするんだけど・・・」

 

ウミサチは言いました

 

「呆れたやつだなぁ・・・

 

 まだあきらめていないのか?

 

 もういいだろ?

 

 ほら、約束通り釣り道具を返してくれよ」

 

ヤマサチはドキドキが止まりませんでした。

 

「いいい、いや

 

 お願いだから、もうしばらく貸して

 

 ほら、夜釣りの方が僕に向いてるかも?

 

 延長料金払うからさ」

 

ウミサチは言いました

 

「延長料金?

 

 バカ言ってんじゃないよ~

 

 TSUTA〇Aじゃないんだから・・・

 

 ほら、早く返してくれよ

 

 

 ん?お前、その釣り針・・・」

f:id:kojikista88:20180709053628p:plain

 

ヤマサチは背中に釣り竿を隠してはいましたが、その穂先は頭の上に飛び出ていました。穂先からは釣り針のついていない糸がヒラヒラとなびいていました・・・

 

 

よう

 

新番組スタート???

古事記スクールチャンネル

平成30年6月17日におこなわれた「京都古事記スクール」の一部がYouTubeにアップされました。現在、第三話までアップされています(*ノωノ)

是非ご覧くださ~い(o^―^o)ニコ


第一話 古事記との出会い

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

馬場 洋

ヤマサチのピンチ

~これまでのお話~

 

兄・ウミサチにお願いして釣り道具を借りたヤマサチヒコは、海へ釣りへ。そして、ウミサチヒコは山へ狩りに出かけました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

ヤマサチヒコが海で釣りをしている頃、ウミサチヒコは山に来ていました。

 

ウミサチヒコは、ヤマサチヒコのことが心配で仕方がありませんでした。

 

正確にはヤマサチヒコに貸した釣り道具のことが心配でした。

 

「アイツ・・・大丈夫かな?

 

 竿が折れたりしたらどうしよう・・・」

 

心ここにあらず・・・

 

ウミサチヒコはとても狩りどころではありません。

 

その後もしばらく山の中をウロウロしていましたが・・・

 

「ダメだ、気になって仕方がない

 

 こんなに心配になるならやっぱり貸すんじゃなかった

 

 よし、今すぐ帰って海に向かおう」

 

ウミサチヒコは狩りを終わりにすると、下山しました。

 

そして、ヤマサチヒコのいる海へ向かいました。

その頃、ヤマサチヒコはようやく釣り竿にかかった大物と格闘していました。

 

「ぐぐぐぐ

 

 なんてパワーだ」

 

ヤマサチと魚の一騎打ちは一進一退、互角の戦いでした。

 

「こうなったら

 

 力技で釣りあげてやる!!

 

 みんな、オラに元気をわけてくれ!!

 

 うおおおお~っ!!!!

 

 ヤマサチウルトラスーパーマジハンパナイッテオオサコ!」

 

ヤマサチは全身全霊の力で竿を引きました。

 

一気に手繰り寄せられる大物!!

 

その時です。

 

ブッチーン!!

 

なんと糸が切れてしまいました。

 

勢い余ったヤマサチヒコは後ろにゴロゴロ転がりました。

 

f:id:kojikista88:20180705055809p:plain

ヤマサチヒコは何が起きたのかわからず、ポカーン( ゚д゚)となりました。

 

「さ、魚はどこだ!!?」

 

キョロキョロ探しますが、魚の姿は見えません。

 

ふと釣竿に目をやると、糸の先端がヒラヒラと揺れていました。

 

・・・・・・

 

「ない!!

 

 釣り針がないっ!!」

 

その時です。遠くの方から聞きなれた声がしてきました。

 

「おお~い、ヤマサチ~

 

 魚は釣れたか~???」

 

「ん?この声は・・・

 

 まさか!!

 

 おお、お、お兄ちゃん!!?」

 

現状を理解したヤマサチヒコ。

 

全身から滝のような汗が吹き出し始めました。

 

 

よう

 

古事記チャンネル!!

6月に京都で行われた講座の一部がyoutubeにアップされています。よろしければご覧ください(*'▽')

www.youtube.com

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

馬場 洋

釣りキチ・ヤマサチ

~これまでのお話~

 

釣りをしてみたい弟・ヤマサチは、粘りに粘り兄・ウミサチから釣り道具を借りました。そして海へ向かいました。 

kojikista88.hatenablog.com

 

海へやってきたヤマサチヒコ。

 

はやる気持ちを抑え、釣りの準備を進めます。

 

「あ~、手が震える。糸が結べない・・・

 

 焦るな、焦るな、オレ!!」

 

そして何とか準備を終えると、レッツフィッシング!!

 

「うりゃー!!」

 

ヤマサチは思いっきり遠投しました。

 

チャポン

 

針先は狙ったポイントに落ちました。

 

「ウフフフフ

 

 狙った通りだぜ!!

 

 釣りの才能あるのかな~

 

 ツリサチヒコに改名しようかな~」

しかし、アタリはありません。

 

「ま、まだ一投目だしね、これからこれから」

 

ヤマサチはめげずに二投目をおこないました。

 

しかし、またしてもアタリはなく・・・

 

三投目、四投目と続けますが、アタリは全くありませんでした。

 ・

その後もまったくアタリがなく、ヤマサチヒコはすっかり元気をなくしていました。

 

「今日は魚たち留守なのかな~

 

 今夜はゴージャスなんて言わなきゃよかった・・・」 

 

そろそろあきらめて帰ろうかと思ったその時・・・

 

グイーン!!

 

竿が大きくしなりました。

 

「キタキタキターーー(*'▽')

 

 やっぱりオレってツリサチヒコ!!」

 

ヤマサチヒコは必死に竿を持ち上げました。

 

「こここ、これは

 

 大物ですぞー!!!」

f:id:kojikista88:20180702044433p:plain

 

 

よう

 

 

6月に京都で行われた講座の一部がyoutubeにアップされています。

よろしければご覧ください(*'▽')

www.youtube.com

 

古事記講座のお申込み・お問い合わせは

umi.hitsuji88★gmail.com

までお願いします。

(★を@に変えてください)

 

馬場 洋

【番外編】茅の輪くぐり

今日は『夏越の大祓』ですね^ ^

 

ぜひ神社にお参りして茅の輪をくぐりましょう!!

 

この蘇民将来のお話は、色々なパターンがありますが、シンプルにまとめてみました。

f:id:kojikista88:20180630070515j:image

 

よう