~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

タケミカヅチvsタケミナカタ⑧

~これまでのお話~ 

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に繰り返し使者を送りましたが、なかなかうまくいきません。そこで次の使者として武神タケミカヅチを送りました。オオクニヌシオオクニヌシの180人の子供を束ねる息子のコトシロヌシは国譲りに好意的でしたが、タケミナカタは猛烈に反対しました。そこで国を賭けタケミカヅチタケミナカタは勝負をすることになりました。タケミカヅチの術の前にタケミナカタは戦意を喪失したようでしたが、たったひとつだけ策があると言いました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

力は互角ながら、タケミカヅチの術を目の当たりにし、もう打つ手がないように思われたタケミナカタ

 

しかし、まだ策が残っていると言いました。

 

タケミナカタは言いました。 

 

「それは・・・」

f:id:kojikista88:20170608051656p:plain

「逃げるっ!!」

 

タケミナカタはクルリと回り、タケミカヅチに背中を見せると、勢いよく駆け出しました。

 

呆気にとられるタケミカヅチは、しばしタケミナカタの背中を見つめていました。

 

そして叫びました。

 

「見損なったぞ!!タケミナカタッ!!

 

我らの勝負を侮辱するのかっ!?」

 

タケミカヅチタケミナカタの背中を追いかけました。

 

そして不思議に思いました。

 

(何かがおかしい???

 

相手に背中を見せて逃げるような男には思えない・・・)

タケミナカタは逃げて逃げて逃げて・・・逃げ続けました。

 

いくつもの山を越えました。

 

いくつもの谷を越えました。

 

いくつもの川を越えました。

 

 どのくらい走り続けたのでしょうか?

 

タケミナカタは科野国の洲羽の海(信濃の国諏訪湖)に辿り着きました。

 

そして走るのをやめ、クルリと体を反転させました。

 

すぐ後を追いかけてきたタケミカヅチタケミナカタに追いつきました。

 

2人は肩で息をし、無言のまま目を合わせました。

 

タケミナカタの表情は全てを受け入れたようなとても晴れやかなものでした。

 

 息を整えたタケミナカタは言いました。

 

タケミカヅチ、オレの負けだ。

 

その氷の剣でオレの首を刎ねろ!!」

 

 

 

よう 

 

 

【お知らせ】

★90分でインストール!!古事記スクール★

68コマのイラスト入りテキストを使い古事記を簡単解説!!

難解な古事記の壁を軽やかにクリアします。これであなたもコジキスタ☆

 

■埼玉小川町

日時:6月11日(日) 6月18日(日)10:00~12:00(変更になりました)

場所:小川町駅徒歩1分

料金:3,500円(テキスト代込み)

※どなたでもご参加いただけます

お申込み・お問い合わせ:umi.hitsuji88★gmail.com(★を@に変えてご連絡ください)

 

 

 

古事記の後は・・・

★2時間でワープする筆文字講座★

筆文字には法則があります。文字の上手い下手は関係ありません。

僕が何年もかけて気づいた法則…2時間に凝縮しお伝えします☆

 

■埼玉小川町

日時:6月18日(日)14:00~16:00

場所:小川町駅徒歩1分

料金:5,000円(材料費込)

※どなたでもご参加いただけます

お申込み・お問い合わせ:umi.hitsuji88★gmail.com(★を@に変えてご連絡ください)