~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

ヤマサチ、自己嫌悪に陥る

~これまでのお話~

 

トヨタマビメを心配し産屋の中を覗いたヤマサチ。しかし、そこにいたのは巨大なサメでした

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

「・・・・・

 

 やっぱり、見るんじゃなかった・・・」

 

産屋の中を覗いてしまったヤマサチは、激しい自己嫌悪に陥っていました

 

f:id:kojikista88:20181030054925p:plain

 

「あの目、ぜったいに間違いない・・・

 

 まさか、トヨタマの正体がサメだったなんて・・・」

 

ヤマサチは必死に自分を納得させようとしました

 

「いや、前向きにとらえるんだ

 

 本性がサメなのではなく、

 

 サメに変身できる奥さん!!

 

 うん、悪くないぞ!!」

「でも、やっぱりサメだしなぁ・・・

 

 ほら、なんていうの・・・

 

 例えばサメじゃなくて、、、

 

 広瀬すずちゃんに変身

 

 できるとかさぁ・・・

 

 それだったらあっさり受け入れられると思うんだよ

 

 うん」

 

ヤマサチの思考はぐるぐるし、

 

なかなかザワつく心を静めることが出来ませんでした

 

その時のことです

 

ガラガラガラガラ

 

産屋の引き戸が開く音が聞こえました

 

ヤマサチが目をやると、そこにはトヨタマビメが立っていました

 

よう