~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

【チューズデーコラム】かんな月

10月になりました。神無月です。

 

正確には旧暦の10月のことなのですが、それは置いておきましょう。

 

さて、神無月。広く一般に知られている神無月と言えば、モノマネの神奈月さんでしょうか(神無月でなく、神月さんなんですね)?

 

少しでも神社等に興味があれば、神無月に対する出雲の神在月をご存知でしょう。

 

出雲に神様が集結するため、他の地域では神が不在となる。だから出雲は神在月で他は神無月になる…ざっくり言うとこういうことですが。。。

 

実は、僕はこの神在月論にはあまり肯定的ではありません(別に否定的でもありませんが)。

 

確かに神無月は「神の無い月」と書きますが・・・

 

そもそも

 

か ん な

 

という音の意味を考えてみて欲しいのです。

 

かんなは「神な」です。

かんなは「神の」です。

かんなは「神なり」です。

 

(オリンピックとオリムピックみたなものです…ってちがうか!!)

 

神奈川は「神の川」です。

神奈備は「神の宿る領域」です。

 

かんな月。

神の月

神なる月 ➡ か実る月 ➡ 実り多き月

 

 

 

日本は、比較的「文字」の登場の遅い国です。

 

これは他国より劣っているということでなく、文字がないが故に口伝の方法が多様化し、それこそ「言霊の文化」を花開かせることになったのだと僕は思っています。 

 

 

 

別に出雲の神在月を否定しているわけではありませんよ^ ^

 

「神無月には出雲に神様が集まるから、出雲では神在月なんだよ」

 

うん、素晴らしいと思います。

 

 

 

例えば、恋愛パワースポットの「東京大神宮」

 

御祭神の天照大神は、そもそも独身です(基本的には)

 

「アマテラスに縁結び頼むなんて

 

 おかしいやろーっ(*´з`)!!」

 

と思わなくもないのですが、

 

※なぜ東京大神宮が恋愛パワースポットになったか…については今回は割愛します。

 

人が願う➡神様頑張る➡縁結びの実績出来る➡さらに人が集まる➡神様もっとがんばる

 

このように、人と神様って相互関係にあると思うのですね。

 

どんどんアップデートしていけばよいと思うのです。

 

神在月、大いに結構!!

 

 

 

とりあえず、

 

橋本環奈さんや、20世紀少年のカンナさんを見かけたら

 

「あ、あの人、神無しなのね、かわいそうに」

 

なんて思わないようにお気を付けください。

 

ああ、めちゃくちゃな文章でごめんなさいね~

 

 

 

よう