読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

アメノカグ、イツノオハバリの元へ

~これまでのお話~~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に使者を送りましたが、アメノホヒは懐柔されワカヒコは(既婚の身でありながら)オオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、中つ国に居ついてしまいました。次の使者として送ったキジのナキメは、ワカヒコに射殺されてしまい帰ってきませんでした。次の使者は剣の神様イツノオハバリに決まりました。イツノオハバリの元へ悪路をものともしない光の鹿・アメノカグを遣わしました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

アメノカグはイツノオハバリの元へ向かう為、天の安の河(あめのやすのかわ)をグングン上っていきました。

 

深い渓谷も苦にせず、ピョンピョンと軽快に進んでいきます。

 

途中、川の水がせき止められ道を塞いでいました。

 

「よし、もう少しでイツノオハバリ様の家だな。」

 

アメノカグはそう言うと、臆することなく進んでいきました。

その頃、イツノオハバリと息子のタケミカヅチは剣の稽古をしていました。

 

父「よし、少し休憩しよう」

 

息子「いや、まだまだ出来るよ」

 

父「そういうな、少し休もう」

 

息子「わかったよ、父ちゃん」

 

二人は岩に腰かけました。

 

「ん?なんだあれ?」

 

タケミカヅチは何かに気づきました。

光る何者かがグングンと近づいてきます。

 

「ほう、こんなところにお客さんか。めずらしいこともあるもんじゃな」

イツノオハバリも光る何者かに目を凝らしました。

 

f:id:kojikista88:20170427051110p:plain

 

 

よう