~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

光の鹿・アメノカグ

~これまでのお話~~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に使者を送りましたが、アメノホヒは懐柔されワカヒコは(既婚の身でありながら)オオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、中つ国に居ついてしまいました。次の使者として送ったキジのナキメは、ワカヒコに射殺されてしまい帰ってきませんでした。オモイカネは八百万の神々を招集し、剣の神様イツノオハバリを送ることにしました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

なかなかうまくいかない、オオクニヌシとの国譲り交渉。

 

高天原(たかまのはら:天界)の神々は話し合いを持ち、次の使者にイツノオハバリを送ることにしました。しかし、イツノオハバリは天の安の河(あめのやすのかわ)の水をせき止め、その上流に住んでいるため、誰も近づくことが出来ません。

 

オモイカネは「はっ」と気づきました。

 

「アマテラス様、イツノオハバリの元へ天迦久神(アメノカグノカミ)を使わせましょう。アメノカグならイツノオハバリのところへ辿り着けるはずです」

 

そこで早速アメノカグが呼ばれました。

f:id:kojikista88:20170406054538p:plain

アマテラスは言いました。

 

「アメノカグ、イツノオハバリの元へはあなたしか行くことが出来ません。しっかり頼みますよ。」

 

アメノカグは答えました。

 

「はい、アマテラス様。お任せください!!」

 

そういうと、アメノカグはすぐにイツノオハバリの元へ向かいました。その姿はあっという間に見えなくなりました。

 

 

よう