読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

剣の神様イツノオハバリ

~これまでのお話~~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に使者を送りましたが、アメノホヒは懐柔されワカヒコは(既婚の身でありながら)オオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、中つ国に居ついてしまいました。次の使者として送ったキジのナキメは、ワカヒコに射殺されてしまい帰ってきませんでした。次の作戦を考える為、オモイカネは八百万の神々を招集し、緊急会議をおこないました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

緊急会議では、八百万の神々が話し合いをおこなっていました。

 

「もうこうなったらアレしかないでしょう」

「だな、あの神に頼むしかないよ」

「この手は使いたくなかったけど、仕方ないよな」

「マジ、ハンパないな」

「うん、それでいこう」

 

どうやら意見がまとまったようです。

 

神々を代表してオモイカネが言いました。

 

「アマテラス様、次の作戦が決まりました」

 

アマテラスは答えました。

 

「どんな作戦なの?」

 

オモイカネは続けました。

 

「マジハンパないとっておきの作戦です。本当はこの方法は取りたくなかったのですが。。。

 伊都之尾羽張神(イツノオハバリノカミ)を使者にしましょう」

 

イツノオハバリは、イザナギが火の神・ヒノカグヅチを斬った時に使った剣です。

イザナギの妻・イザナミがヒノカグヅチを生んだ際、火傷をして命を落としてしまった。悲しんだイザナギはヒノカグヅチを斬り殺した)

 

f:id:kojikista88:20170406051806p:plain

アマテラスは言いました。

「あら、イツノオハバリに頼むのね。最近見かけないけど、どこにいるのかしら?」

 

オモイカネは自信満々に答えました。

 

「イツノオハバリは、この川(天の安の河(あめのやすのかわ)という高天原にある河)の上流に住んでいます。彼は川の水をせき止め道を塞いでいるので、誰も辿り着くことが出来ません。」

 

アマテラス言いました。

 

「ふ~ん。で、誰も辿り着けないのにどうやって頼みに行くの???」

 

「はっ!!?」

 

アマテラスの言葉に、ハッとしたオモイカネなのでした。。。

 

 

よう