読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

高天原会議5

~これまでのお話~~

 

高天原のアマテラスは、美しく発展した中つ国の統治を息子に任せたいと考えました。そこで中つ国の王・オオクニヌシの元に使者を送りましたが、アメノホヒは懐柔されワカヒコは(既婚の身でありながら)オオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、中つ国に居ついてしまいました。次の使者として送ったキジのナキメは、ワカヒコに射殺されてしまい帰ってきませんでした。

kojikista88.hatenablog.com

 

中つ国でワカヒコの葬儀がおこなわれているころ・・・

 

アマテラスは、オモイカネノカミに言いました。

 

「結局、ナキメは帰ってこなかったわね・・・」

 

オモイカネカミは答えました。

 

「はい。残念ながら、ワカヒコは「中つ国の王になる」という野心を抱いていたようです。色気がでちゃったんですなぁ・・・」

 

それを聞いたアマテラスは言いました。

 

「やっぱり、今回もうまくいかなかったわね・・・」

 

ぎ、ぎ、ぎくうっ!!

 

アマテラスは続けました。

 

「あなた、もし平成の時代に生まれていたらとっくに左遷されてるわよ」

 

オモイカネノカミは慌てて言いました。

 

「じ、実は次の会議がこれからおこなわれる手はずになっているのです。とっておきの作戦を考えますから!!」

 

「・・・・・」

f:id:kojikista88:20170228054636p:plain

アマテラスは無言でした。

 

 

 

「おおーい!!

 緊急ミーティングをおこなうぞ!!

 みんな、あつまれーい!!」

f:id:kojikista88:20170405052441p:plain

 

オモイカネノカミは、八百万の神々を招集し、通算5回目の会議を開きました。

 

さて、どうなることやら・・・

 

 

 

よう

広告を非表示にする