読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

【サタデーコラム】大人こそ勉強する①

子供の頃、あるいは20代の頃、大人たちに

 

「今のうちに勉強しておけよ」

「大人になったら勉強する時間なんてないんだぞ」

 

なんてことを言われた人、きっと多いでしょう。

うん、僕も言われてました。

 

それを聞いた当時の僕は、

「勉強=学校の勉強、受験勉強」

と思っていたのですが、すっかり大人になった今

「若いうちから取り組んでおけば良かったと思う勉強は何だろうか?」

と考えた時に、絶対に外せないものの一つが「心理学」だと思うわけです。

 

僕は高校を出てから夜間大学に通っていました。

そこで、心理学の授業を1コマだけ選択したのをうっすらと覚えています。

 

当時の僕が持っていた「心理学」のイメージは、

「相手の心理を読む」

「相手を知り操作する」

みたいな感じでした。。。

世の中に不信感を持っている青年の心理が良く表れた解釈だと思います( ´艸`)

まぁ、とりあえず授業の印象はほとんどないですし、身にならなかったです。

 

時は流れ、30代半ばを過ぎてから高いお金を払って心理学を習いに行ったりもしました。人が幸せに生きるには「心理学は外せない」と感じていたからです。

 

フロイトとかユング古事記にも通じますし、まぁ面白かったです。でも「日常に活かせるか?」というと(もちろん活かせる部分もあるけれど)ちょっと疑問でした。

 

で、ですね、僕が一気に心を持っていかれたのが、アドラー心理学です。

入り口はアレです、ベストセラー本の「嫌われる勇気」です。

 

僕が幸運だったのは、「嫌われる勇気」を読む1年くらい前(かな?)にある出会いがあったことです。

 

「嫌われる勇気」を読んだことのある人はわかると思うのですが、(おそらく)多くの人は自身を「青年」になぞらえ共感するのだと思うのです。

 

しかし、彼女は「私はアドラーだ」と感じたというのです。

彼女はけっこう壮絶な人生を送っているのに「今まで悩んだことがない」と言うのです。悩むのでなく考えるのだと。

 

「うんうん、実に合理的で当たり前だと思うけど、多くの人はそれが出来ないのだよ、ワトソン君」って僕は思いました。

 

そしてその後、もともとアドラーだった彼女は、高いお金を払い、時間を作り、しっかりとアドラー心理学ぶ道を選択しました。

 

そんな姿をFB等で見ていて「いいな~、オレもアドラー学びたいな・・・」と思っていました。しかし、金銭的にも時間的にも体力的にも無理だな・・・と諦めていました。

 

そして、時はたち・・・

 

もともとアドラーだった彼女が

「ヒューマンギルド社認定アドラー心理学ELM勇気づけトレーナー(長っ!!)」

として帰ってきたのです!!

 

実際に僕は今、彼女の講座を受けているのですけど、

 

めっちゃ面白い!!

 

彼女の場合、『源がアドラー』なので、質問の答えも「超納得」出来るし、いや、なんかもう…めっちゃオイシイ!!

 

人ってかなり環境に影響されると思うんですけど、僕は彼女と話したり、ブログ読んだりしていて、自然と悩まなくなりました。悩むサイドから悩まないサイドにいつのまにか移行しちゃったんです。

 

つまり、いつの間にかアドラーがインストールされたわけです。

(いや、まだまだだと思いますけどね)

 

そして、

「コレ、義務教育で教えようぜ!!いや、教えなきゃダメでしょ!!」

って思ってます。

 

世の中には心理学で有名な先生もたくさんいらっしゃると思いますが、実際にお会いしてもなかなか思うように質問出来なかったり、丁寧な回答をもらえなかったりすると思うんです(僕もそういう体験をしてきました)。

 

しかし、彼女はまだまだ無名なわけです。だから今が良い!!と思うんですよ。質問し放題だから(あ、彼女の元にはリアルお坊さんなんかも悩み相談にくるんですよ(;'∀'))。

 

僕は「世の中がもっと良くなったらいいな」って思っています。

 

次の世代のためにも「大人こそ学ばなくちゃ」って思っています。

 

「いつ学ぶの?」

 

今でしょ!!」

 

彼女のブログ、おもしろい&役に立つので、ぜひ読んでみてくださいな。

kirahika.hatenablog.com