読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

シタテルヒメのヤ―ッ!!

~これまでのお話~~

 

美しく賑やかに発展した中つ国の統治を、高天原にいるアマテラスは息子のオシホミミに任せたいと考えました。そこで、中つ国へ使者としてアメノホヒ、ワカヒコを送りましたが二人ともオオクニヌシに懐柔され中つ国に居ついてしまいました。次の使者としてキジの鳴女(ナキメ)が送られましたが、ワカヒコは弓矢でナキメを射殺してしまいました。その矢はアマテラスの元まで飛んできて、高天原は大騒ぎとなりました。アマテラスは「ワカヒコに邪心があればワカヒコに当たれ」と言って矢を中つ国へ投げ返しました。

 

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

アマテラスが投げた矢は、物凄い勢いで中つ国へ向かって飛んでいきました。

 

その頃、ワカヒコは屋敷の庭で、今夜はキジ鍋にしようかどうしようか悩んでいるところでした。

 

ビューン・・・ドスッ!!

 

突如、天から飛んできた矢はワカヒコの胸に命中しました。

 

そして、ワカヒコはその場に倒れました。

 

しばらくすると・・・

 

「あなた~、どこにいるの~」

 

そこへ、ワカヒコの妻でめっちゃ美人のシタテルヒメがやってきました。

 

「あなた~、今夜のメニューは何にしようかしら?」

 

ワカヒコの返事はありません。

 

「おかしいわね?どこにいるのかしら???」

 

ふと庭先に目をやると、そこには派手なキジとワカヒコが倒れていました。

ワカヒコの胸には深々とと矢が刺さっていました。

 

キャ、キャ、キャ・・・・

矢ーーーッ!!

f:id:kojikista88:20170323054952p:plain

ダチ〇ウ倶楽部っぽくしたかったのですが・・・画力がなくてスミマセン。

 

 

「あ、あなた~っ!!」

 

シタテルヒメは裸足のまま庭に下りていき、ワカヒコの元へ駆け寄りました。

 

「あなた!!あなた!!返事をしてっ!!」

 

 

 

よう