~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

【サタデーコラム】諏訪の神様

3月15日に「スピンオフ古事記タケミナカタ編~」という講義をさせていただきました。

 

タケミナカタというのは、諏訪大社の神様です。

 

友人が4月から諏訪に引っ越すことになり

「諏訪の神様のことを知りたいので講義して欲しい」

というオファーを受け、開催することになりました。

 

大切な友人からのオファーだったので、とてもうれしく即快諾しました。

 

が、心の中はザワザワしていました。なぜザワザワしていたかというと・・・

 

一つ目の理由。わかる人はわかると思いますが、古事記でのタケミナカタの立ち位置は簡単に言うと敵側です。古事記を伝える身としては、ちょっとやりづらいのです。

 

二つ目の理由。僕は過去に数十回神社ツアーをおこなってきました。その中で唯一、催行を中止したのが諏訪大社ツアーだったのです。

 

(下見では高速道路が通行止めになり、帰路に8時間かかりました…。そして、ツアーの参加者を募ったところ、すぐに催行人数に達したものの、相次ぐキャンセルによりツアーは中止になりました)

 

そんなわけで、僕は心のどこかで諏訪の神様にビビッていたのです。

 

今回、オファーをいただいたのが2月17日。講義までの約1か月。(ブログも休止し)かなり集中して諏訪の神様に向かい合いました。

 

その時間の中で、僕は諏訪の神様がどんどん好きになっていきました。

 

そして、講義を終えた今、諏訪を訪れたくて訪れたくて仕方がないのです。

 

今なら諏訪の神様も喜んで僕を迎え入れてくれそう…そんな風に感じています。

(FBなどでもやたらと諏訪に関する投稿を目にします)

 

古事記の講義をしていると、時々参加者の方から

「私と縁のある神様はどなたですか?」

というような質問を受けるとがあります。

 

が、僕はスピリチュアルを売りにしているわけではないので答えようがありません。

 

 

僕は人にも神様にも能動的であってよいと思っています。

 

仲良くなりたい人がいれば、こちらからアクションを起こす。

好きな神様がいれば、こちらから縁を作るように心がける。

 

それを拒否する神様はいないと思いますよ、きっと。

 

f:id:kojikista88:20170318063353p:plain

※タケミ…ナカタ!!

 

 

 

よう