読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

高天原会議4

~これまでのお話~~

 

美しく賑やかに発展した中つ国の統治を、高天原にいるアマテラスは息子のオシホミミに任せたいと考えました。そこで、中つ国へ使者としてアメノホヒを送りましたが、オオクニヌシに懐柔され中つ国に居ついてしまいました。次の使者としてアメノワカヒコが送られましたが、オオクニヌシは宴会を開き、ワカヒコはオオクニヌシにペースを握られてしまいました。ワカヒコはオオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、中つ国の一員となってしまいました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

ワカヒコが地上に向かってから、早8年の月日が経過しました。

 

高天原(たかまのはら:天界)のアマテラスは、オモイカネノカミに言いました。

 

「ねぇ、ワカヒコが中つ国に向かって、もう8年になるわよ。いったいどうなっているのかしら?」

 

ちなみに、最初に使者アメノホヒが送られてからは、11年の年月が経過していました。さすが神様、のんびりしていますね~。

 

ぎ、ぎくっ

 

ギクッとしたオモイカネノカミは答えました。

 

「い、いや、ちょうど次の作戦を考えているところだったのです。これから八百万の神々を集めて緊急会議をおこないます。」

 

「も~、本当に頼むわよ~」

 

そして、また八百万の神々が集まり、どうすれば良いか話し合いがもたれました。

 

しばらくして、意見をまとめたオモイカネノカミがアマテラスに言いました。

 

オモ「アマテラス様、次の使者が決まりました。ワカヒコの元へ、鳴女(ナキメ)を送りましょう。」

 

ナキメは鳥のキジです。

 

アマ「本当にそれで大丈夫なの~???」

 

オモ「大丈夫です!!絶対に大丈夫です!!」

 

アマ「・・・・」

 

アマテラスは冷ややかなオモイカネノカミに視線を送るのでした。

 

f:id:kojikista88:20170228054636p:plain

 

 

よう

 

広告を非表示にする