読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

アメノホヒ、家庭を持つ

楽しい古事記

~これまでのお話~

 

オオクニヌシの国造りにより、中つ国(なかつくに:地上世界)はとても豊かで賑やかでキラキラとした国になりました。高天原にいるアマテラスは、息子のオシホミミに中つ国を統治させたいと考えました。そこで八百万の神々が話し合い、中つ国の統治者であるオオクニヌシのもとにアメノホヒを使者として送りました。しかし、アメノホヒオオクニヌシに心服し、しばらく中つ国に住むことにしました。

 

 

中つ国で生活するようになったアメノホヒ。最初は「ちょっとだけ住んでみよう・・・」という気持ちでしたが、あまりの居心地の良さに「あと3日くらい…」「来週には…」「来月でいいだろう…」とズルズルと中つ国での生活が長引いていました。

 

ある日、オオクニヌシアメノホヒに言いました。

 

オオ「アメノホヒ殿。中つ国の生活を楽しんでいるようですね。」

 

ホヒ「はい。オオクニヌシ様。最初は少しだけのつもりでしたが…私はこの国が大好きです。

 

オオ「それは良かった。」

 

オオクニヌシは続けました。

 

オオ「ところであなたはご結婚されているのですが?高天原に家族はいないのですか?」

 

ホヒ「いえ、私は気楽な一人ものですよ。」

 

オオ「そうでしたか、しかし一人では寂しいでしょう。気立ての良い女神がいるから、あとで紹介しますよ。」

 

オオクニヌシから紹介された女神とアメノホヒは馬が合い、すぐに結婚しました。モテモテのオオクニヌシの見立てに間違いはありませんでした(?)

 

こうしてアメノホヒは中つ国に家庭を持ち、いつの間にか3年の月日が経過したのでした。

 

f:id:kojikista88:20170217102515p:plain

 

 

よう