~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

荒ぶる神々

~これまでのお話~

 

オオクニヌシは全国を回り、国造りを進めました。こうして、中つ国(なかつくに:地上世界)はとても豊かで賑やかでキラキラとした国になりました。その賑やかな様子は、高天原(たかまのはら:天界)まで届いていました。高天原にいるアマテラスは「中つ国は私の子供が治めると良いんじゃないかしら?」と思いまいた。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

アマテラスは中つ国の発展を高天原から眺めていました。

 

そして、中つ国を自分の子である天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)に統治させたいと考えました。

 

アマテラスはオシホミミを呼び、言いました。

「オシホミミや、あなた、中つ国を治めてみない?」

 

オシホミミは言いました。

「お母さん、では中つ国の様子を見てみます。」

 

オシホミミは天の浮橋(あめのうきはし)という、高天原と中つ国の境目にある橋の上から中つ国を覗きました。

 

すると・・・

 

f:id:kojikista88:20170204181732p:plain

ドーーーーン!!!!

 

 

「え?なにあれ???ヤバいでしょ、絶対ヤバいでしょ!!!?」

 

「とてもじゃないがこんな国には住みたくない」と思ったオシホミミは、アマテラスの元に急いで戻り言いました。

 

「お、お母さん!!中つ国では荒ぶる神々が騒いでいます。私が治めることを快く思っていません。無理です、絶対に無理です!!」

 

オシホミミの話を聞いたアマテラスは、腕を組みしばらく考えました。

 

 

よう

 

広告を非表示にする