~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

オオクニヌシvsアメノヒボコ、大決戦の終焉

~これまでのお話~

 オオクニヌシは、国造りのため兵庫県の宇頭川(うずかわ:現在の揖保川)を訪れた時、アメノヒボコという異国の神に出会いました。オオクニヌシは警戒し、アメノヒボコを陸に上げませんでした。するとアメノヒボコは海の上に氷の塊を作り、その上で眠りだしました。オオクニヌシも丘の上で眠り始めました。翌朝、二人は目覚めると決着をつけるため、綱引きを始めました。しかし、なかなか勝負はつかず、綱引きは3日目に突入しました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

二人の綱引きは3日目になっても勝負がつきませんでした。

マッチョなアメノヒボコでしたが、オオクニヌシも国造りを通し、屈強な男神になっていたのです。

 

引かれては引き返し、引いては引かれ返し・・・

 

そしてついに、、、

 

ドッシーン!!

 

二人は綱から手を放し、同時に尻もちを付きました。

 

オオクニヌシアメノヒボコは尻もちをついたまま、目を合わせました。

 

プ~ッ

 

オオクニヌシは、吹き出し大笑いを始めました。

 

つられてアメノヒボコも大笑いしました。

 

「あー、おかしい。アメノヒボコ、あなたは大した男だ!!」

 

そして、

 

「ここにつづらが6つある。3つずつを蹴って、つづらが落ちた土地をそれぞれの土地にしよう。」

 

と提案しました。

 

オオクニヌシの蹴ったつづらは、3つの土地に分かれて落ちました。

アメノヒボコの蹴ったつづらは、1つにまとまり但馬の国・出石(いずし:現在の兵庫県)に落ちました。

f:id:kojikista88:20170127145855p:plain

 

「よし、オレはあの土地に住むことにしよう。」

 

アメノヒボコは言いました。

 

こうして二人の争いは終わり、すっかり仲良くなったのでした。

 

 

よう