~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

オオクニヌシvsアメノヒボコ、大決戦始まる!!

~これまでのお話~

 オオクニヌシは、国造りのため兵庫県の宇頭川(うずかわ:現在の揖保川)を訪れた時、アメノヒボコという異国の神に出会いました。オオクニヌシは警戒し、アメノヒボコを陸に上げませんでした。するとアメノヒボコは海の上に氷の塊を作り、その上で眠りだしました。オオクニヌシも丘の上で眠り始めました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

翌朝・・・

 

オオクニヌシアメノヒボコは同時に起床しました。

 

そして、二人はにらみ合いました。

 

勝負を決めなくてはならないと腹をくくったオオクニヌシは、

 

右足を上げドスン!!

左足を上げドスン!!

 

と四股を踏み、谷から大きな『綱』を取り上げるとアメノヒボコに向けて放り投げました。

 

すると、アメノヒボコ

 

右足を上げドスン!!

左足を上げドスン!!

 

と四股を踏み、綱を取り上げました。

 

そして、

 

綱引きがスタート

 

しました。

 

オオクニヌシがリードすると、負けじとアメノヒボコが巻き返します。

 

お互いの力は互角で、勝負は一向につきませんでした。

 

昼になり、夜を迎えても、勝負はつきません。

 

翌日になっても勝負はつきません。

 

綱を奪い合うこと、三日。まだ勝負はつきませんでした。

 

f:id:kojikista88:20170127065500p:plain

 

よう