読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

アメノヒボコ、寝る

~これまでのお話~

 

中つ国(なかつくに:地上世界)を発展させるため国造りをおこなうオオクニヌシ兵庫県の宇頭川(うずかわ:現在の揖保川)を訪れた時、アメノヒボコという異国の神と出会います。アメノヒボコオオクニヌシに一夜の宿を頼みましたが、タダモノではないと感じたオオクニヌシは警戒し「海の中で寝てはどうか?」と答えました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

 

一晩の宿を頼むもやんわりと拒否されてしまったアメノヒボコ。すると、アメノヒボコは大きな氷の剣を抜きました。

 

オオクニヌシは身構えました。

 

しかし、アメノヒボコは無言のまま、その大剣を海に突き立てると、、、

 

 

グルグルグルグル

 

 

とかき混ぜました。

 

あっという間に海は固まり、氷の塊が出来ました。

 

アメノヒボコは氷の塊にゴロリと横になると、すぐに大きなイビキをかき始めました。

 

f:id:kojikista88:20170126054848p:plain

 

これに驚いたオオクニヌシは、ひとまず丘の上に昇りました。

 

そして気を落ち着かせるために、腹ごしらえをしようと食事を始めました。

 

食事を終え、落ち着きを取り戻したオオクニヌシは、

 

「この土地は、私の土地だぞっ!!」

 

と叫び、地面に杖を刺しました。

 

するとそこから水が湧き、丘の南と北に分かれて川が流れだしました。

 

そしてオオクニヌシもゴロリと横になり、眠りました。

 

 

よう