読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

さらば、スサノオ

~これまでのお話~

中つ国(なかつくに:地上世界)で八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)に命を狙われたオオナムヂは、根の国を訪れました。根の国では、スサノオに度重なる試練を与えられますが、それらを乗り越え大きく成長しました。そしてオオナムヂは、ついに正妻のスセリビメを連れ中つ国へ戻る日がやってきました。

kojikista88.hatenablog.com

 

スサノオは、オオナムヂとスセリビメを追いかけ、黄泉平坂(よもつひらさか:根の国と中つ国の境)まで行きましたが、すでに二人の姿は遠くなっていました。そして二人にはなむけの言葉をおくると、帰路につきました。

 

幾多の試練を乗り越え、また自身を出し抜いた二人のことを、スサノオはたくましく思っていました。

 

「フフフ、シコオ(イケてるヤツという意。オオナムヂのこと)め。アイツはきっと中つ国の立派な王になるだろう。」

 

黄泉平坂を下りながら屋敷に戻るスサノオは、これからの二人のことを想像し、笑みを浮かべていました。

 

そして、屋敷に戻ると・・・

 

「し、シコオめ~っ!!」

 

f:id:kojikista88:20161227103905p:plain

自ら柱を引き抜き、倒壊した屋敷を目の当たりにしたスサノオは、途方にくれました。そして、オオナムヂのことを苦々しく思ったのでした( ´艸`)

 

スサノオ、さよなら。

 

 

 

よう

広告を非表示にする