読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

かけおち

~これまでのお話~

八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)に命を狙われ根の国に逃れたオオナムヂ。根の国でスセリビメと結婚しましたが、スセリビメの父・スサノオから試練を与え続けられます。このままではいつか殺されてしまうと思い、根の国の宝を持ち出し、スセリビメと共に中つ国(なかつくに:地上世界)に逃げることにしました。しかし誤って「天の沼琴」と呼ばれる琴を木の枝に引っ掛けてしまいます。辺りには大音響が響いたため、スサノオは目を覚まし二人を追いかけました。

kojikista88.hatenablog.com

 

オオナムヂはスセリビメを背負い、必死に走りました。しばらくすると・・・

 

 ドンガラガーン!!

 

スサノオの屋敷が崩れ落ち、モウモウと土煙が立ち上っています。

 

「お屋敷が崩れた。お父さんが柱を引き抜いたんだわ。どうしよう、追いつかれたら大変なことになる・・・」

 

スセリビメは、怒り狂う父の姿を想像し怖くなってきました。もし父に追いつかれたら、今度こそオオナムヂは殺されてしまうかもしれません。

 

「安心するんだ、スセリビメ。髪を柱に結んでおいたからスサノオ様は随分と手こずったようだ。さぁ先を急ごう。」

 

オオナムヂは肝が据わっています。恐怖に飲み込まれ動揺するようなことはありません。根の国に来る前は、素直過ぎるがゆえに兄の罠に2度も嵌ってしまいましたが、いつの間にかたくましく成長していたのです。

 

ついに二人は根の国と中つ国の境である、黄泉平坂(よもつひらさか)を上り切りました。ここまでくればもう大丈夫です。

f:id:kojikista88:20161224215705p:plain

スセリビメは、ホッした気持ちになりましたが、スサノオにだまって根の国を離れることを寂しく思いました。もし、父に結婚を祝福されオオナムヂに嫁ぐことが出来ていれば、それはなんと素晴らしいことでしょうか。

 

こうして二人のかけおちは無事に成功しました。

 

 

よう

広告を非表示にする