~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

スセリビメの機転

~これまでのお話~

八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)に命を狙われ根の国に逃れたオオナムヂ。根の国でスセリビメと結婚しましたが、スセリビメの父・スサノオから試練を与え続けられます。 豪火の試練を乗り越えたオオナムヂは、スサノオに頭のシラミを取るよう命じられました。しかし、スサノオの頭にいたのはシラミでなくムカデでした。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

「どうした!?シコオ、早くしろっ!!」

 

躊躇しているオオナムヂに声を荒げるスサノオ

そこへ、スセリビメが戻ってきて、オオナムヂに何かを手渡し耳元で囁きました。

 

「ムクの実を噛み潰しプチプチと音を立てた後、赤土を口に含みペッ吐き出せば、お父様はムカデを嚙み潰していると勘違いするでしょう」

 

f:id:kojikista88:20161223062213p:plain

 

オオナムヂは、スセリビメに言われた通り、ムクの実をプチプチと噛み潰し、赤土を口に含みペッと吐き出しました。

 

それを横目で見たスサノオは、

「ほほう、ムカデを取って噛み潰すとは。たくましく健気なヤツだな・・・」

と思いました。

 

すっかり安心し気持ち良くなったスサノオは、いつのまにかイビキをかきはじめました。

 

グォ~ グォ~ グォ~

 

スサノオが眠りに落ちたのを確認すると、オオナムヂとスセリビメは目を合わせ、何かを決意するかのように頷きました。

 

 

よう