~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

ネズミの導き

~これまでのお話~

八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)に命を狙われたオオナムヂは、根の国に逃れました。根の国でスセリビメと結婚しましたが、スセリビメの父・スサノオから試練を与え続けられます。 スサオノは、鳴鏑の矢(なりかぶらのや)を草原に放つと、それを取ってくるようオオナムヂに命じ、オオナムヂの姿が見えなくなると草原に火を放ちました。オオナムヂは豪火に囲まれ絶体絶命のピンチです。そこへネズミが現れました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

ネズミを炎から守るため、ネズミに身をかぶせたオオナムヂ。

 

ゴォ~ゴォ~

 

炎は容赦なくオオナムヂに迫ってきます。その時です。ネズミが何かを言いました。オオナムヂはネズミの声に耳を澄ませました。

 

「内はほらほら、外はすぶすぶ」

 

頭の良いオオナムヂは、すぐにネズミの言葉の意味を理解しました。

 

「内側が空洞ということだなっ!!」

 

オオナムヂは足元の土を思い切り踏みました。

 

ドスンッ!!

 

足元の土が崩れ、オオナムヂはネズミとともに土の中に落ちました。

 

f:id:kojikista88:20161217053525p:plain

 

ネズミはオオナムヂのピンチを助けるため、炎をかいくぐりオオナムヂを導いたのでした。

 

穴の中に落ちたオオナムヂの頭の上を炎がゴウゴウと燃えています。オオナムヂは穴の中で炎が過ぎ去るのを待ちました。

 

「ネズミ君、助けてくれてありがとう」

 

「チュウチュウ」

 

こうしてオオナムヂは、またしてもスサノオの試練を乗り越えたのでした。

 

 

よう