読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

父親、現る!!

~これまでのお話~

八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)に命を狙われ続けるオオナムヂは、ご先祖であるスサノオに助けを求め、根の国に逃れました。そこで須勢理比売(スセリビメ)に出会います。二人はたちまち恋に落ち、結婚してしまいました。

kojikista88.hatenablog.com

 

父に結婚の報告をするため屋敷に戻ったスセリビメ。バタバタと父親の寝室に向かいます。

 

「お父さん、お父さん」

 

父親はゴロリと横になり、休んでいました。そしてやや面倒くさそうに娘の方を向くと言いました。

 

父「どうした?何を慌てているんだスセリビメ?」

ス「お屋敷の外にとても麗しい男神がおいでです。私、彼と結婚しました♥

「な、なんだと~!!」

f:id:kojikista88:20161206054016p:plain

父親

 

 

父親は飛び起きると、娘とともに屋敷の外に出ました。

 

外には突っ立ているオオナムヂがいました。

「お父様、この方です。素敵でしょう♪私たちの結婚、お祝いしてくれますよね?」

父親はオオナムヂの姿をみると、ニヤリと笑みを浮かべ言いました。

 

「フフフ、コイツは葦原(あしはら)の色許男(しこお)だ!!」

 

「葦原の色許男」とは、「葦の生い茂る中つ国(なかつくに:地上世界)からやってきたイケてるヤツ」という意味です。

 

オオナムヂは父親と対面すると、やや緊張した面持ちで言いました。

「は、は、はじめまして、お義父さん」

 

父親ギロリとオオナムヂを睨みつけました。

 

 

よう

広告を非表示にする