~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

木の神・オオヤビコ

~これまでのお話~ 

恋に破れた八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)は、その嫉妬心からオオナムヂの命を狙います。兄達の罠にはまり、一度ならず二度までも命を失ったオオナムヂでしたが、母の愛により復活を果たしました。

kojikista88.hatenablog.com

 

再び生き返ったオオナムヂに、母・サシクニワカヒメは言いました。

「このままではあなたは一生、兄達から命を狙われ続けます。この地から逃れ、身を隠しなさい。」

そして、紀の国(今の和歌山県三重県南部)に住む、木の神・大家彦毘古(オオヤビコノカミ)の元を尋ね、オオナムヂを匿ってもらうようお願いしました。オオヤビコはこれを快諾します。こうして、オオナムヂは兄達から逃れ、平穏な日々を送ることに・・・

 

 

 

なりませんでした!!

 

 

ある日のこと・・・

 

ビュ~ンッ!!ザクッ!!

 

オオナムヂの足元に矢が刺さりました。

 

「いたぞ!!」

「あそこだ!!」

 

矢をつがえてきたのは、八十神(やそがみ:オオナムヂに嫉妬する兄達)でした。執念深い兄達は、ついにオオナムヂの居場所を突き止め追いかけてきたのでした。

 

「オオナムヂ様、こちらへ!!」

オオナムヂは、オオヤビコの後を必死についていきます。

f:id:kojikista88:20161201053517p:plain

「逃げたぞ!!」

「追いかけろっ!!」

 

ヤソガミはオオナムヂの後を追いました。

 

 

 

よう