~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

兄貴一心!!木の罠編

~これまでのお話~

嫉妬に狂った兄達に命を奪われたオオナムヂでしたが、母・刺国若比売(サシクニワカヒメ)の願いを受け入れた神産巣日神(カミムスヒノカミ)が送った女神の働きで甦りに成功しました。それに気づいた兄達は再びオオナムヂの命を狙います。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

「ま、まさか、オオナムヂが生きて・・・」

 オオナムヂが平然としている姿を目撃した兄達は、大変驚きました。そして再び「同盟関係」を結び、オオナムヂを殺そうと作戦を考えます。

 

兄達は山中にある大きな木を切り倒しました。その木に切り込みを入れ、そこに楔を打ち込みました。楔を抜くと木が弾力で元に戻り、バチーンと挟む仕掛けです。果たしてこんな罠に引っかかるのでしょうか???

f:id:kojikista88:20161128053954p:plain

準備が整うと、兄達はオオナムヂを呼びました。

「おお、オオナムヂ、生きてたのか?よかった~」

「一緒に遊ぼうぜ!!」

「こっちにイイもんがあるんだ。見せてやるから付いて来いよ!!」

 

素直なオオナムヂは、兄達についていきました。しばらく行くと、大木が倒れ道を塞いでいました。

 

「ん?大木が倒れて道を塞いでいるな・・・」

「回り道するか?」

「いや、この間をすり抜けられるぞ」

 

兄達は白々しく、自分たちが作った木の割れ目を次々とすり抜けていきます。

オオナムヂも何も疑わず、兄達に続きました。

 

そして、オオナムヂが木の間をすり抜けようとすると・・・

 

「今だ!!」

「楔をぬけっ!!」

 

バチーン!!!!

 

ウギャー――――ス!!

 

オオナムヂの悲鳴が山中に響き渡りました。

オオナムヂは兄達の罠にはまり、木の間に挟まれてしまいました。

 

よう

 

 

 【古事記講義やります!!】

kojikista88.hatenablog.com