読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

母の愛①

~これまでのお話~

八上比売ヤガミヒメ)争奪戦にあっさり勝利したオオナムヂでしたが、嫉妬した兄達の罠にはまり、命を落としてしまいました。そんなオオナムヂを助けるため、現れたのが・・・

kojikista88.hatenablog.com

 

真っ黒焦げになったオオナムヂの元に現れたのは、母親の刺国若比売(サシクニワカヒメ)でした。

 

「嗚呼、私のかわいいオオナムヂ。なんて姿に・・・」

 

哀しみに飲み込まれそうになったサシクニワカヒメでしたが、泣いていても何も変わらないと気持ちを切り替え、

 

「安心なさい。お母さんが助けてあげるわ。」

とオオナムヂを生き返らせる決意をしました。

(しかし、オオナムヂは死んでいるため返事が出来ません。)

 

f:id:kojikista88:20161125110015p:plain

 

サシクニワカヒメは、オオナムヂの遺体を大切に保管すると、宇宙の神である「神産巣日神(カミムスヒノカミ)」に会いに行きました。カミムスヒは天地創造の時に現れた「生み出すエネルギー」を司る神です。

 

カミムスヒに面会したサシクニワカヒメは、息子・オオナムヂを生き返らせてくれるよう懇願しました。

 

母の愛に心を打たれたカミムスヒは「オオナムヂのように優れた男神を死なせてはならん」と考え、オオナムヂを生き返らせるため地上に使者を送ることにしました。

 

 

よう

 

 【12/5 古事記講義募集中です】

kojikista88.hatenablog.com

 

広告を非表示にする