読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

オオナムヂ、参上!!

~これまでのお話~

八神比売(ヤガミヒメ)にプロポーズをするために旅に出た80人兄弟の八十神(ヤソガミ:オオナムヂの兄達)は、ついにヤガミヒメの屋敷に辿り着きました。末っ子のオオナムヂは、兄達の荷物を背負っていたため、未だ辿り着いていませんでした。ついに屋敷の扉が開き、ヤソガミとヤガミヒメは対面を果たしました。

 

kojikista88.hatenablog.com

 

ヤガミヒメは色めき立つヤソガミに向かい言いました。

 

「皆さま、この度は遠路はるばるお疲れ様でございました。

聞けばあなた様達は、偉大なるスサノオ様のご子孫でいらっしゃるとか。スサノオ様と言えば、知と勇を兼ね揃えた中つ国のヒーロー。そのスサノオ様のご子孫と聞き、お会いするのを楽しみに扉を開けましたが・・・。

ところが、あなた達のお姿はいかがでしょうか?子供のように大はしゃぎし、まして、手ぶらでプロポーズとは?本気で私を娶るおつもりですか?」

 

し~ん・・・

 

ヤソガミを代表し、01が答えました。

ヤガミヒメ、大騒ぎしたことは詫びる。申し訳なかった。皆、あなたに会えるのを楽しみにしていたので、ついハメを外してしまったのだ。

それから、もちろん手ぶらで来たわけではない。各々が自慢のプレゼントを準備してきた。ただ、・・・末っ子のオオナムヂという荷物持ちが遅れているのだ。あのノロマめ、恥をかかせおって!!」

 

「そうだ!!そうだ!!アイツはなにやってるんだ!!」

「まったく、使えねぇヤツだぜ!!」

「アイツのせいで恥かいちゃったじゃねーか!!」

 

ザワザワザワザワザワザワザワザワザワ

 

そこへ・・・

 

「ああ、疲れた。やっと着いたぞ。」

 

兄達の荷物を背負ったオオナムヂがやってきました。

 

f:id:kojikista88:20161120073236p:plain

 

古事記講義のお知らせ】

12月5日(日)14:00~16:00 埼玉小川町

 よろしくお願いいたします。

kojikista88.hatenablog.com

 

 

よう