~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

嘘は言わないほうがいい、でも・・・

僕は子供の頃、けっこう嘘つきでした。

それほどひどい嘘はつかなかったと思うけど、今思えば友達の気をひくために、親に褒められるために嘘をついていました。

 

そういう自分が嫌だな〜と思うのだけど、なぜかやめられないんですよ。そして、どんどん自分が嫌になるのです。

 

嘘は言わないほうが良い。長渕さんもそう言っています。長渕さんも嘘を言わないと心に決めて嘘をつき続けたそうです。

f:id:kojikista88:20161118164446j:image 

〜RUN(長渕剛)〜

賽銭箱に 100円玉投げたら
つり銭出てくる 人生がいいと
両手を合わせ 願えば願うほど
バチにけっつまづき 膝をすりむいた

なるべくなら なるべくなら
嘘はない方がいい
嘘は言わない そう 心に決めて
嘘をつき続けて 俺生きている

 

話は逸れますが「賽銭箱に百円玉投げたら釣り銭出てくる人生」って、未だによくわからない。でも、なんだかすごい歌詞ですよね。

 

というわけで、嘘はつかないほうが良い。そんなことわかってるけど、嘘をついちゃう。

 

この気持ちって、比較から生まれるのではないかな?と思うのです。他人と比較して、自分に価値を認められないから埋め合わせるために嘘をつく。

 

でも、これって永遠に満たされないと思うんですよ。

 

イギリスの歴史学者アーノルド・トインビーは「神話を学ばない民族は滅びる」と言いました。

 

トインビーの言葉の真意って、神話を知らない者は己の根元やルーツに触れることがない。ルーツを知らないものが自己重要感を得ることは難しい。そんな民族の集団は、自己を満たす術として他者からエネルギーを奪うことしか知らないから、当然衰退していく…ということなのかもしれないな、と思っています。

 

嘘は言わないほうが良い。

自分を愛しましょう。

人には優しくしましょう。

人の批判はやめましょう。

そんなこと、わかってんだよ!!

でも、できないんだよ!!

 

…という人。ぜひ古事記に触れてみてください。神話って本当に大切だよ。古事記って一元論だから。そこに比較はないのです。

 

よう