~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

178の白うさぎ③

 オオクニヌシ・ブラザーズがプロポーズの旅に出たころ、隠岐島(おきのしま)に住む白うさぎは、サメをだまし一列に並べ「サメの渡橋」を完成しました。そして憧れの対岸・気多(けた)の岬を目指し、ピョンピョンと渡っていきます。いよいよ到着…というその寸前に、サメを騙したと口を滑らせたため、最後のサメにガブリンチョと嚙みつかれてしまいました。。。

 

kojikista88.hatenablog.com

kojikista88.hatenablog.com

 

ガブリンチョ!!

 

「この嘘つきうさぎめっ!!」

 

サメは怒り、白うさぎの皮を剝いでしまいました。

 

「命は助けてやろう。本当なら喰ってしまうところだぞ!!」

 

怒ったサメ達は波しぶきを上げ、バラバラと去っていきました。

 

白うさぎは、皮を剥され赤うさぎになってしまいました。

 

「うう・・・痛いよぅ。あと少しというところだったのに。なんでオイラ、口を滑らしちゃったんだろう・・・痛い、痛い・・・誰か助けてぇ・・・」

「ワッショイ、ワッショイ!!」

「マッブい、マッブい!!

「ワンレン、ワンレン!!」

「ボディコン、ボディコン!!」

 

ん?元・白うさぎが耳を澄ますと、遠くから大勢の声が聞こえてきます。そして少しずつ、その声は大きくなってきました。

 

「ワッショイ、ワッショイ!!」

「マッブい、マッブい!!」

「ワンレン、ワンレン!!」

「ボディコン、ボディコン!!」

 

その声はどんどん大きくなります。

 

「誰か来たぞ。助かった!!」

元・白うさぎは、力を振り絞り立ち上がると大声で叫びました。

 

「助けてくださーい!!ケガをしてるんです~」

 

そして、いよいよ声の主たちが近づいてきました。

 

「ワッショイ、ワッショイ!!」

「マッブい、マッブい!!」

「ワンレン、ワンレン!!」

「ボディコン、ボディコン!!」

 

声の主たちは、八神比売(ヤガミヒメ)にプロポーズに向かう八十神(ヤソガミ:オオクニヌシの兄達)でした。

 

 

よう

 

 

広告を非表示にする