読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

プロポーズ大作戦

~これまでのお話~

 

高天原(たかまのはら:天界)で大暴れし、中つ国(なかつくに:地上)に追放されたスサノオスサノオは中つ国の出雲でヤマタノオロチを退治し、スーパーヒーローになりました。結婚し、新居も建て、子宝にも恵まれました。ところが、スサノオは家族を置き、根の国(ねのくに:死の世界)に引っ越してしまいましたとさ。


さぁ、時は流れ・・・

スサノオから6代後の子孫に大穴牟遅神(オオナムヂノカミ)が誕生しました。

オオナムヂには80人の兄達がおりました。

(兄達は八十神(やそがみ)と呼ばれています。本当は80人兄弟でなく、たくさんの兄弟ということです。八百屋の「八」と同意ですね)

 

最近、兄達の間ではある話題で持ちきりでした。

 

「すっげー美人らしいよ」

「かなりマブいんだってな」

マジ神、だってさ」

 

兄達が口々に話しているのは因幡に住む八神比売(ヤガミヒメ)のことでした。

ヤガミヒメの評判は大変なものだったので、兄達は「自分の妻にしたい」という野望をメラメラと心の中で燃やしていました。

 

「よし!じゃあみんなでヤガミヒメに会いに行こうぜ!!」

 「おう、抜け駆けは無しだ!!」

「ふふ、ヤっちゃんはオレを選ぶだろうが恨みっこなしだぜ!!」

「ばーか、オレに決まってるだろ!!」

 

こうして80人の兄達のプロポーズの旅が始まりました。

(アホか・・・)

 

「オオナムヂ、お前は荷物持ちだ。同行できるだけでもありがたいと思えよ。」

末っ子のオオナムヂは荷物持ちとして、兄達に同行することになりました。

 

オオナムヂは不平不満を漏らすことなく、重たい荷物を持ち、歯を食いしばり兄達の後を追いかけました。

 

f:id:kojikista88:20161113091402p:plain

 

よう

広告を非表示にする