~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

古事記との対話

"古事記研究の第一人者"と言えば、江戸時代の国学者本居宣長と誰もが答えるでしょう。

 

宣長は、35年の月日を費やし『古事記伝』を完成しました。今でも【古事記研究の80%は宣長を源流とする】と言われるほどです。

 

その宣長は『古事記は身体で読め』と言っています。

 

古事記の解釈に答えはないと思います。古事記を読み、どのように感じ、どのように捉え、どのように生きるのか?想像力を働らかせ、自分の生き方に落とし込んでいく。

 

読むたびに新しい発見のある古事記

僕は「古事記を知っている」なんて、生涯思うことはないでしょう。きっと死ぬまで対話し続けることでしょう。

 

よう