読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コジキノキジ〜楽しい古事記〜

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。

スサノオのオロチ退治③

〜これまでのお話〜

高天原(たかまのはら:天界)を追放されたスサノオは出雲の鳥髪(とりかみ)に降り、ヤマタノオロチという八頭の怪物に苦しめられている老夫婦とその娘に出会いました。

オロチ退治を約束したスサノオは、老夫婦にアルコール度数の高いお酒を準備させ、オロチを待ちました。

kojikista88.hatenablog.com

そこへ現れたオロチは、とても良い香りに気づき、首をキョロキョロさせました。そして、大きな樽にたっぷりと注がれたお酒を見つけると、我先にと長い首を伸ばしました。

 

ガブガブガブガブガブ

 

プハー

 

ガブガブガブガブガブ

 

プハー

 

f:id:kojikista88:20161106005701p:plain

オロチは夢中になってお酒をガブ飲みしました。そして、樽が空になる頃にはすっかり気持ちよくなり、グッスリと眠り込んでしまいました。

 

スピー スピー スピー スピー

 

それを見ると身を隠していたスサノオはオロチの前に姿を現しました。そして腰の剣を抜くと、オロチの首を一つずつ切り落としました。

 

ズバッ ズバッ ズバッ ズバッ ズバッ ズバッ ズバッ ズバッ !!

 

近くを流れていた肥川(ひのかわ:現在の斐伊川)は、オロチの血で真っ赤に染まりました。

 

こうして見事にスサノオはオロチを退治し、老夫婦との約束を守り、櫛名田比売クシナダヒメ)を娶ることになりました。

 

高天原を追放されるほどの暴れん坊だったスサノオが、人助けをし、奥さんを娶るまでに成長したのです。

 

 ちなみに、スサノオがオロチ退治に使った剣は、現在は石上神宮にお祀りされています。日本人的には剣も神様なのです。

http://www.isonokami.jp/shinwa/shinwa3.html

 

 

よう