~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

高天原会議

スサノオの暴挙にショックを受けた姉・アマテラスは、天の岩戸に引きこもってしまいました。

 

太陽の女神が姿を隠したため、世の中は暗闇に包まれ、悪しき者や災いで満ち溢れました。

 

困り果てた八百万の神たちは、高天原一の知恵者である”思金神(オモイカネノカミ:その名のとおり思慮を兼ね揃えた神)”を中心に作戦を考えます。

 

そして、話し合いの結果、みんなで『祭』をおこなうことにしました。

傷心のアマテラスをおびき出す作戦が『祭』とは…(^^;) なんともユニークな発想ですよね。

 

古事記にはいわゆる「すごい神」というのが登場しません。今回も「すごい神」が問題を解決するのでなく『みんなで話し合う』というスタイルを取っています。

(何か問題が起きると集まって話し合い、そして…意外と失敗が多い('ω')・・・)

 

日本は神話の時代から民主主義だったことがうかがえますね。

 

【楽しい古事記講義】

次回は10/28(金)10:30~原宿です!!

よろしくお願いします☆

 

kojikista88.hatenablog.com

 

よう

広告を非表示にする