~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

祓(はら)いと古事記

黄泉の国から戻ったイザナギは、死の国の穢れを祓うため川に入り禊(みそぎ)をします。

f:id:kojikista88:20161005052105p:image

この時、様々な『祓いの神々』が現れました。

簡単に言うとこの祓いの神々のことを『祓戸(ハラエド)の神』と言います。

 

ところで、神社で「昇殿参拝」 されたことはありますか???

 

昇殿参拝をおこなうとわかりますが、まず最初に神職さんが「祓詞(はらえことば)」という祝詞(のりと)で私たちの心身を『清浄な状態』にしてくれます。

 

祓詞ってこんな感じ。

(※難しそうと思った方はスルーして大丈夫です)

掛(か)けまくも畏(かしこ)き 伊邪那岐(いざなぎ)の大神(おおかみ)
筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(をど)の阿波岐原(あはぎはら)に
禊(みそ)ぎ祓(はら)へ給(たま)ひし時(とき)に 生(な)り坐(ま)せる祓戸(はらえど)の大神たち
諸々の禍事(まがこと)・罪・穢(けが)れあらむをば
祓(はら)へ給(たま)ひ清(きよ)め給(たま)へと 白(もお)すことを聞(き)こし召(め)せと
恐(かしこ)み恐みも白(もお)す

 

(※スルーした方ここから読んでください)

現代語にするとこんな感じです。

イザナギが禊(みそぎ)した時に現れた祓戸の大神たち。どうか私たちの穢れを落としてください』

 

ぜひご参拝の際は『祓詞』にも耳を傾けてくださいね。

f:id:kojikista88:20161005052226j:image 

ちなみに、そこそこの規模の神社さんで

「神拝紙(しんぱいし)をいただけますか?」

というといただくことができます。

(だいたい300円くらいです)

 f:id:kojikista88:20161005052524j:image

神拝紙には代表的な祝詞がいくつか載っていますので、ぜひご覧になってください。

 

神社さんによっては『オリジナルの祝詞』が載っていることもあります^^

 

よう