~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

おりがみと古事記

昨日、娘のリクエストに応えるため、おりがみで紙飛行機を何体も折りました。

 

おりがみの起源ですが、古事記を読むと『天の岩戸籠り』で神々がお祭りの準備をする際、紙垂(しめ縄などに垂らすギザギザした階段のような形をした白い紙)の原型となる白丹寸手(しらにきて)と青丹寸手(あおにきて)を榊(さかき)に取り付けているのがわかります。

 

(白丹寸手は楮(こうぞ)から作り出した木綿、青丹寸手は麻の布なので紙ではありませんが)

 

おりがみって神事なんですよ^^

 

 

よう

 

広告を非表示にする