~ハイブリッド古事記~コジキノキジ

日本の神話・古事記を中心に神様のことなどをシンプルに書いています。風土紀や地方の伝承などを盛り込んだハイブリッドな古事記です。

天地開闢(てんちかいびゃく)

古事記のスタートの「天地開闢」。

これがとってもわかりづらい。多くの人が最初に直面する古事記の壁かもしれません。

 

僕は天地開闢を【味噌汁】と説明しています。

味噌汁をかき混ぜたようなモヤモヤ、グルグルしたところから世界がスタートします。

 

そして、気の遠くなるような年月が経過すると…

 

『済んだスープ(宇宙空間)』とドロドロした『味噌(地上)』に分離します。

 

どうですか?「天地開闢」少しはイメージ出来ましたか?

 

よう